二段引き出したんす三つ重ね

桐箪笥一筋の職人が作り上げた『総桐箪笥』です。
金具がなく飽きのこないシンプルなデザインに仕上がっています。
引き出し二段で1つの作りになっています。 お一つからでもご注文頂けます。
(※下の画像は二段引き出したんすを三つ重ねた状態です。)

  • 二段引き出したんす三つ重ね

重ねたんすがご好評をいただく要因は、やはり一つ一つが比較的安価で買い足しも気軽に出来る点です。製造直販の会津松本は細かいサイズ調整や段数のカスタマイズにも応じることが出来ます。「段数を減らして一段を深くしたい」「奥行きがもう少しほしい」などのご要望にもお応えできますので、フリーダイヤル(0120-28-3199)か、ページ下部の問い合わせフォームからお気軽にご相談下さい。

金釘を一切使わずに作り上げます。引き出しの底板も側板も一切かな釘を使いません。

もちろん本体の中も桐無垢材を使用しています。厚みは約2cmもあります。

本体の裏側です。家具は通常部屋の壁側に置きます。一番湿気が強いところですのでたんすを選ぶ際に一番重要なのが裏側になります。
わが社の商品は桐無垢材でできていますので、壁側に長年置いても安心してお使いいただけます。

たんすの重ね面は通常塗装しないのですが、このたんすはバラバラにしてお使いしていただく場合を考慮して重ね面も妥協せずに塗装いたします。

たんすの一番下の『台輪』という部分です。たんすを直におくのではなく、台輪を置くことによって湿気を逃がし、『総桐箪笥』としての性能を高めています。

引き出しの前板の底に溝が掘ってありますので、溝に手をかけて引き出しを抜いていただく仕様になっています。

たとう紙を入れて少し余裕を持ってお使いいただけるサイズになっています。一段の引き出しに約五枚ほどお着物は収納できるかと思います。引き出しが深く作ってありますので、セーター、コート等も収納できます。

本体を固定している金具は、マイナスドライバーで押して少しまわしていただくと中に納まりますので、好きな高さでお使いいただけますし、衣類が増えて入りきらなくなった場合は後から付け足すことも可能です。

 

本体の側面です。本体も金釘を一切使用せずに凸凹を作り、はめ込むつくりとなっていますので、長年使用していただけます。

引き出しの底板、側板、後ろ板は、総て 『桐無垢板』を使用し、木釘で作ってあります。

たんすの裏側にわが社のシールが貼ってあり、お客様の番号を我社が記録していますので、アフターサービスもしっかりとしていきますので、ご安心ください。

  • たんすのサイズ
  • 二段引き出し三つ重ね

    ■価格
    \561,600(税込)
    ※価格は三つ重ねの料金となります(台輪一つ込み)。
    ■サイズ等
    幅:100cm 奥行:45cm 高さ:115cm(台輪込)
  • 二段引き出し二つ重ね

    ■価格
    \374,400(税込)
    ※価格は二つ重ねの料金となります(台輪一つ込み)。さらに重ねることも可能です。
    ■サイズ等
    幅:100cm 奥行:45cm 高さ:79cm(台輪込)
  • 二段引き出し一つ重ね

    ■価格
    \187,200(税込)
    ※価格は一つ重ねの料金となります(台輪一つ込み)。2つ3つと重ねることも可能です。
    ■サイズ等
    幅:100cm 奥行:45cm 高さ:43cm(台輪込)
  • 二段引き出し用台輪

    ■価格
    \5,400(税込)
    ■サイズ等
    幅:102cm 奥行:46cm 高さ:7cm
ご購入はこちら

(会津松本の購入ページに移動します)

お問い合わせはコチラから
フリーダイヤル