いつも、有難うございます。

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年11月10日

  

いつもは、ご来店の上、お買い上げのお客様なのですが、今回は、お電話で、【白木の右近】と【紫色の鼻緒】のご希望をいただいて、鼻緒は、私が選ばせていただきました。

優しいたたずまいの仕上がりです。

いつもご来店、お買い上げありがとうございます。

お客様の声,台と鼻緒の組み合わせ — 2018年11月10日

   

いつも、定期的にご来店いただいているお客様で、ご自分用の2足です。

白木物は、焼き物に比べてマット感があり、足裏のべたつきもなく、さわやかな履き心地です。

どちらも、ベージュ系の鼻緒ですが、白木の下駄に合う、おしゃれで素敵な組み合わせです。

【 男右近下駄(白木)と 光沢 】、【 男右近下駄(白木)と 砂柄 】

 

 

ご注文ありがとうございます。

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年10月26日

     

訳あり男柾下駄(M) と 凛(会津木綿) です。

ヤケが入ってきてお安くしましたが、間違いのない合い目の極柾下駄です。

鼻緒も、質を落とさずに、上質素材を使った『凛』ですので、観て良し、履いて良しの、素晴らしい逸品となっています。

 

ご注文ありがとうございます。

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年10月14日

     

女右近下駄(ヤキ)と 紺桜(女)

表地と裏地の素材の組み合わせで、パリッと感が出る鼻緒のおかげで、仕上がりが、綺麗に決まります。

ありがとうございました。

 

いつもありがとうございます。

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年10月14日

    

定期的にご注文のお客様です。普段から、和服の生活をなさっているとお電話で、お聞かせいただいておりまして、三足ともご自分用でいらっしゃいます。

鼻緒は、当店オリジナル「会津木綿」をお薦めしたところ、大好きな「会津木綿」ということでご快諾いただき、今回も私におまかせいただいてのチョイスでした。

ありがとうございました。

ご注文ありがとうございます。

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年10月7日

    

男下駄(下方=げほ)訳あり と アジロ柄(男)

こちらは、台に少し〔ヤケ〕が入ってきたので、お値段を下げた商品ですが、【合い目】の上物の柾下駄です。

鼻緒も、すっきりとした良い組み合わせです。

ありがとうございました。

いつもありがとうございます。

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年10月6日

定期的に、お電話でご注文をいただいているお客様からのご注文品で、HPでは紹介していないのですが、

いつも、ご主人様用にと、同じ商品をご注文いただきます。

今回も、

【男二枚歯下駄(天一・L)訳あり】 と 【男色無地鼻緒(黒)】

との組み合わせで、3足ご購入です。

奥様も、お電話口で、「とても履きやすいですね。」とおっしゃって下さいましたが、「それは、鼻緒『羽衣天(はごろもてん)』の素材が良いからなのですね」とお応えしました。

というのも、通常、市販品に使われる無地物の鼻緒は、残念ながら、粗悪な素材のものが多いのですが、弊社取り扱いのこちらの『羽衣天』は、ソフトな肌触りと柔軟性が特徴で、長時間履き続けてもすれ感も、痛みもなく履きやすいのです。(羽衣天も値上げ前の、価格のままで、特価商品となっています。)

このように、HP紹介の下駄以外にも、多種多数取り揃えておりますので、どうぞお気軽にお問合せ、ご相談下さい。

 

ご注文ありがとうございます。

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年9月7日

    

女高右近下駄(絵柄)  と  桜A(本皮)

新商品につきアップしてまもなく、お電話でお問い合わせをいただきました。

HPで、紹介した組み合わせの一つを気に入っていただき、その流れで、ご注文、発送となりました。

ありがとうございました。

ご注文有難うございます。

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年8月26日

    

 

女右近下駄(ヤキ) と 柔和

鼻緒に、たっぷり綿が入っていて立体感があったので、少し前つぼを長めにとって、履きやすくしました。

このように、足のタイプ(甲だか、幅広、外反母趾)の違いはもちろんのこと、鼻緒の素材や、中綿(なかわた)の入り具合によって、前つぼの長さや、脇の長さの採寸を微妙に調整して、履きやすく仕上げます。

ありがとうございました。

 

 

台と鼻緒の組み合わせ,東西館の日常 — 2018年8月26日

女右近下駄(ヤキ) と 麻の葉 です。

伝統柄とで、落ち着いた組み合わせです。

ありがとうございました。

 

 

    

次ページへ »